ハイビーム不使用は夜間の交通死亡事故の原因の一つ

私は愛知県に住んでいますが、愛知県はなかなか交通死亡事故件数ワースト1を返上できずにいます。
そこで県警が夜間の死亡事故を分析したところ、そのほとんどのケースで車がハイビームにしていなかったことがわかったそうです。
これらのケースについて県警が検証した結果、もしハイビームを使っていたら、命が助かっていた可能性があるということでした。
ロービームの照射距離は40メートルなのに対し、ハイビームだと約100メートルあるといいます。
それで県警は事故防止のために、ハイビームでの運転を呼び掛けているということです。
しかし、暗いところではハイビームに切り替えて運転することは、教習所で習った覚えがあります。
つまりそのことをを守っていないドライバーが多いということになります。
都会では夜でも明るい場所が多いので、ほとんどハイビームを使う必要性を感じないことも原因の一つだと思います。
私自身もその中の一人になっていましたので、これからは夜間に運転するときには意識しようと思います。コスパ最高の脱毛器を紹介します